yagisukeのWebなブログ

フロントエンドとサーバーサイドをさまようエンジニア

Eclipseのショートカットが効かない...

MacEclipseの便利なショートカットキーを有効に

OSのショートカットキーとバッティングしてEclipseの便利なショートカットキーが使えないことがあります。

バッティングしないためには、OSのショートカットキーを変更もしくは削除するか、Eclipseのショートカットキーを変更するかだと思います。

今回は例として以下のEclipseのショートカットキーを有効にする設定方法を紹介する中でOSとEclipseのショートカットキーの設定方法を紹介していきます。

有効にするEclipseのショートカットキー
F3: 要素の宣言元にジャンプ
⌘space: 入力補完

Macのショートカットキーの設定方法

EclipseのF3を有効にするために、Macのショートカットキーの設定を変更します。

1, システム環境設定を開き、キーボードを選択後にキーボードというメニューを選択

2, F1、F2なでのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用にチェックを入れ、キーボードパネルを閉じる

f:id:yagi_suke:20141123014501p:plain

3, Eclipseを開き、F3が有効になっているかを確認
以下では25行目のresultが宣言元である12行目のresultに移動します。ファイル間も移動できるのでとても便利です。

f:id:yagi_suke:20141123020909p:plain

その他のOSのショートカットキーを変更するには、1で開いたキーボードメニューやショートカットメニューから変更したりします。

f:id:yagi_suke:20141123014439p:plain

Eclipseのショートカットキーの設定方法

次はEclipseのショートカットキーの設定を変更して⌘spaceを有効にしていきます。

1, Eclipseを起動し、設定から一般を選択し、キーを開く

f:id:yagi_suke:20141123022250p:plain

2, 変更したいショートカットを選択し、パネル配下にあるバインディングに任意のショートカットを入力
今回は以下のようにコンテンツ・アシストを変更しました。

⌘space → ⌥ space

以上、Eclipseのショートカットが効かないときに有効にする設定方法でした。
おやすみなさい